グルメ

浜松・湖西に来て「もちがつお」があったら食べるべし

もちがつお

今年も「もちがつお」の季節になってきたのでお魚屋さんにて購入してきました。お魚好きにはたまらない「もちがつお」です。

遠方から浜松・湖西に来た時に、もちがつおを発見したら絶対に食べてください。私がぜひとも食べてほしいものNO.1でございます。

もちがつおとは

もちがつおの最大の特徴は「モチモチとした弾力があり、お餅のような食感」です。お刺身の中でも想像を絶するモチモチ食感ですので、お刺身好きの方にはぜひとも味わってほしい1品です。

しかしこのもちがつおは水揚げ後、4~5時間で死後硬直が始まり時間が経つと、もちがつおから普通のカツオに戻ってしまします。(モチモチした食感が無くなる)

釣りたてのカツオのみ、モチモチとした食感にになりますので、時間が勝負になります。カツオ漁を終えた漁船は、お昼すぎに舞阪港や新居港に水上げされますので、「もちがつお」は夕方に魚屋等流通します。その日水揚げがあれば夕方以降に店頭に並ぶって感じですね。

もちがつおを食べるにはこの死後硬直の前に食べることが条件なので、港近くの町で消費されることがほとんどなんです。なので浜松や湖西でも港近くの魚屋さんにはありますが、港から離れている魚屋さんには置いていない場合が多いですね。

地元の人はこの「もちがつお」を心待ちにしているんですが、カツオが全く獲れない年もあり幻のもちがつおとも呼ばれています。

もちがつおが獲れ出すと新聞にも載るほどです。

時期

浜松・湖西では春になるともちがつおの季節となります。春に獲れる鰹は「初がつお」と呼ばれ太平洋上をカツオは北上します。脂が少なく弾力があるのが特徴です。

秋になると「戻りがつお」と呼ばれ、北の海でたくさんのエサを食べてきたかつおで脂がのっています。2017年は秋にももちがつおが良く獲れた年だったのですが、秋にもちがつおが店頭に並ぶことはあまり見かけないので、狙うのはやはり春と言うことになりますね。

食べ方

もちがつおを食べる時の薬味は「ニンニク」です。1度食べたら病みつきなのでぜひお試しあれ。チューブ入りのものではなく、新鮮なにんにくをすりおろして、ピリッと辛い感じで食べるのが通な食べ方。

もちがつおにニンニク

また好みですが、皮付きで食べたりもします。見た目がきれいですよね。

 

皮付きのもちがつお

購入できる店

私の住む湖西でもちがつおが購入できる可能性が高いお魚屋さんを紹介しますね。湖西市新居町にある疋田魚店です。

湖西市の疋田魚店

もちがつおがある時は、「獲れたてもちがつお」という看板が立っていますのでそれが目安です。

もちがつおの看板

もちがつおだけではなく生シラスもあります。タイミングでね。

湖西市疋田魚店の店内

店主がもちがつおをさばいてくれます。食べる直前に切るのがベストです。刺身に切ってしまうとモチモチ感が無くなるのが早くなりますからです。なるべく柵のままで皮付きで保存です。

食べる前に切り身にしましょう。

値段

さて、もちがつお、気になるのはそのお値段ですよね。

当たり前ですが、もちがつおの値段は時価です。獲れている量でその日の値段がぜんぜん違います。1年で全く獲れない年もありますからそんな時に少量でもかつおが獲れると中型サイズの半身で5000円とか余裕です。同じサイズでも豊漁だと580円とかね。もうそれは運とタイミングです。

ちなみに上の魚屋さんで購入した時は中型サイズの半身で2250円でした。他の刺身と比べると高いですが、年に何回も食べれるものでもないし、いつあるかもわからない幻のもちがつおなので財布のひもは緩んじゃいます。

食べれるお店の調べ方

このもちがつおを食べたことのない人にはぜひとも食べてもらいたいですが、遠方から来た人はもちがつおを購入できる魚屋を紹介されても仕方ないですよね?

ということで、もちがつおが食べれるお店の紹介とその調べ方を少し紹介します。

調べ方は簡単、SNSを使いましょう。インスタやツイッターで「もちがつお」と検索してください。もちがつおを仕入れたお店などが情報をアップしています。もちがつおが水揚げされていてもそのお店が仕入れていないと当然ですが食べれませんので、確実に仕入れているお店を探すことが重要です。


もちがつおはタイミングが重要です。検索する時間帯はお昼~夕方辺りがいいと思います。朝に検索してもその日の水揚げがまだだからです。

 


食べる時間帯も重要です。夜の8時では遅いです。せっかくのもちがつおのモチモチ感がうすれますので、早めの時間帯に行くことをお勧めします。

また、もちがつおがその日水揚げされていない場合は残念ですが諦めましょう。また春に浜松・湖西に来てくださいね。

お店の紹介

浜菜坊

舞阪港から仕入れるお魚を毎日仕入れているところです。もちがつおが無くても生シラスやその他新鮮なお魚が食べれます。

浜菜坊

ジャンル: 割烹・小料理、旅館、魚介・海鮮料理
最寄り駅: 弁天島駅から500m
TEL: 053-592-1676
住所: 静岡県浜松市西区舞阪町弁天島3101
営業時間: 昼11:30~14:00
夜17:00~21:00

日曜営業
定休日: 毎週火曜・第2水曜日

居酒屋 一二三

こちらも舞阪の漁師さんから直接お魚を仕入れているそうです。

ジャンル: 居酒屋
最寄り駅: 浜松駅から2,832m
TEL: 053-441-1206
住所: 静岡県浜松市南区寺脇町878
営業時間: 月ー日
PM5:00-11:00 日曜営業
定休日: 水曜日

まとめ

もちがつおが食べれるお店はまだまだありますので、その日水揚げがあればどこかで必ずタ食べれます。根気よく探してみてください。

ただ、もちがつおはタイミングです。。。